立派なこと言えない、じゃなくて言わないだけでしょ

Author:

たまーに、ブロガーとか作家とかにこういうこと言う人がいる。
「立派なこと言えないから」
「自分はそんな大した人間じゃないから偉いこと言えない」
そうかなあ。言えないんじゃなくて言わないんじゃない?

まず立派じゃないって誰が決めたのさ。
その人がどんな人だろうと、過去に何らかの苦労をしてきたはず。
その苦労を乗り越えた、それだけでも十分立派ではないか。
立派じゃない、と言う事で
保険をかけているというか逃げているように見える。

自分が立派だと思えば立派なのです。
そして自分が立派だと思うことを語るだけ。それだけでいいのです。
立派なこと言えないなんて人は、自己肯定感が低いだけなのです。

試しに一言言ってみればいい。
ちゃんといいねをつけてくれる人がいるから。
そして、その一言で心を動かされた人が現れるから。


自分も今のブログを初めて一年半。
まだまだ自分は未熟ですが、それでもすごいと言ってくれたり
応援してくれる人がいたり、
心を動かされた人がいるからこそこういうブログを書けるのです。
自分の事ながらこの先どこへ行くのか全くわからないですなあ。

人ってどうしても他人と自分を比べたがる生き物で、
だからこそ隣の芝が青く見える。
自分の文章が駄目に見える。
まあしょうがないのかもしれない。
実際そういう人多いし。

でも、本当に駄目かと言うとそんな事はなくて。
自分だけにしか書けない文章ってのは確実に存在しているのです。
そしてそれを必要としている人も確実に存在しているのです。


それでも卑下するあなた。
どんなに立派な文章だ、とかすごい人だ、と思っても
昔はそんなこと無い文章書いていたりするのです。
当然成長させようと思わなければ文章は成長しませんが、
継続を続ければ立派な文章になっているのです。

だからもっと自分に自信を持つべき。
あなたは立派なのです。

立派じゃない、そう思い込むと
せっかくの才能を無駄にしてしまうのを忘れずにしましょうね。

Facebook にシェア
Pocket