ググラビリティはどれくらい?

Author:
google

あまり聞き覚えの無い言葉かもしれないけど、ググラビリティという単語が一部の界隈に存在します。
簡単に言うと検索しやすさ。
サイトやアプリのタイトルがいかにユニークか、見つけやすいかってことです。

例えばこのサイト、ogatism(オガティズム)ってのは造語です。
昔のあだ名オガティをベースとしてドメインっぽくするには、と考えた結果できた単語です。
辞書にも乗ってないのだから検索するとトップにでる。

しかし例えばLINEとかnoteとかexciteとか、単語がサイトになっているようなサイトは相当大きいサイトでない限り上位に出てきません。
フォトとか写真とか、アプリ名も同様。
三文字くらいの単語はさらに厳しいです。
文章でもHello, worldとかRemember meとかI’m feeling luckyなんて駄目ですよ。

だからサイトやアプリを立ち上げる時はきちんとググラビリティも考えましょうね。
やっぱりgoogle様は偉大ですから。
google様がカラスは白いと言ってるサイトを表示させる、と言ったらカラスを白く書かないといけないのです。

と言うのは大げさにしても、本当にGoogleやアドセンスが変な条件を要求してきたら運営者はどうするんでしょうね。
それに合わせるのか、合わせないか。
一度そういう踏み絵的なことやってみてはどうでしょうGoogleさん。

Share on Facebook
Pocket