「ちょっと息抜きにゲーム」それは大きな命取り

Author:

ogatismGamesogatismTechsってのが少しずつ動き始めて
実質メインブログとは別に他のブログが動いているような状況なのですが、
やっぱりゲームは中毒性がありますねえ。

ちょっと息抜きにやるつもりが、非常に長い時間のめり込んだりしてしまう。
そしてはっと気がつくと、ゲームだけで一日が終わってしまう。

怖い怖い。

でも、それだけ中毒性があるってのはやっぱり方向性を正しく向けられれば
ものすごいエネルギーになるわけで。
害を成すもの、と決めつけるにはもったいないものです。

やっぱりダンジョン攻略とか、できる限り効率にアイテム回収しつつ、
なおかつ体力を温存してボスのところまでたどり着けるかという戦術。
コンピュータ相手に戦う思考力。
シューティングやアクションに代表される反射神経。
どれもこれも、大事なものです。


子供の頃はそういう自制心が未発達なので流されるのも悪くはないかもしれないけど、
しっかりと理性を持って向き合うと非常にプラスのエネルギーに変えられるのではと思っています。
それがゲーミフィケーションってやつです。


なのですが。

やっぱりそこまで自制心を持つのは難しい。
ゲーム好きなら一度は相当遅い時間までゲームしてしまって、
今日何もしてないよとかいう経験が必ずあるはずです。
特に長期休暇は。

昔僕は会社の夏休み全部使ってFF10プレイしていた記憶があるし。
クリアしたら夏休みの残りが全く無かったw
確かFF12も休みの日は一日10時間以上は軽くプレイしてたような。


だから、まずは絶対にやるべき事をやってから、それから遊びましょう。

僕の場合一日のマストなタスクはブログだけなので
最低限ブログさえ書いちゃえば他は後回しでもいいのですが。
独立しているわけでもないから仕事を家に持ち込むことは今のところないし。

勉強とか読書とかも必要だけど、それはベターであってマストじゃない。
しかし独立している人、エンジニアにしろイラストレーターにしろ作家にしろ、
そういう人はその日のノルマを終わらせているか?
そこだけは常に頭に置いておきましょうね。

Facebook にシェア
Pocket