「あなたから」始めるのだ

Author:

以前買ったアドラーの「人生に革命が起きる100の言葉」に
こんな言葉が載っていました。

誰かが始めなくてはならない。
見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、
「あなたから」始めるのだ。

なんか素敵な言葉ですね。

たまに、これをやる意味があるのか?とか疑問になることありますよね。

誰もやったことがない。
前例が無いんだから、成功するかも分からない。
そんな時、僕はなんだかんだ言って先駆者になることが多いのです。


僕が第一歩を踏み出すことにより、続く人が現れるかもしれない。
他の人に影響を与えられるかもしれない。
もしくは、僕がみんなの思いを代弁しないといけない。
誰かが言わないと何も変わらない。
そんな思いで自分から行動を起こすこともある。

コミュニティなんかに所属すると、
僕はよくそんなポジションになるのですよね。


もしくは、誰もやったことがないから目立つしワクワクする。
そういう思いからの行動もまたあったり。
結局僕はアーリーマジョリティとかいう存在なのでしょうかね。

例えば、今僕がのんびり始めているnoteとか、最近放置しているけどQixilとか、
少し前だと(リンク切れ)intelyとか。

どれもこれもけっこう早い段階で始めましたねえ。
なんだかんだ言ってそれなりに得るものはあったと思います。


さらに僕は、将来性を見越してサポート活動に精を出すことも多かったり。
まだまだ世間的には小さな存在だけど、もっと大きくなると思ったら
積極的にサポートをする。
一応人よりもITの知識はかなりあるほうですし。


ただ、何にしろ見返りが一切無いって事はないですよね。
サービスを試してみることで、どんなものか知ることができる。
自分に合うものなら続ければいい。
合わないならやめればいい。

他人のサポートも、それで喜んでくれる人はちゃんといるのを分かっているし、
見返りってものは自分で決めるものです。

認めてくれるかどうかってのも、正直どうでもよかったり。
やりたいのは「自分」でしょ。
誰かが認めてくれなかったらやらない、それで続けても長続きなんてしないです。


結局のところ、自分がやりたいことをやればいい、
に落ち着くのかもしれないですなあ。

Facebook にシェア
Pocket