好きなことを「他人のために」やろう

世の中に、好きなことだけやって生きようとか、
その手の本いっぱいあるじゃないですか。
でも、好きなことをやり続けるって、それニートとどう違うのかと思いまして。

朝から晩までゲームだけして過ごす。
朝から晩まで酒飲んで過ごす。

それ、好きなことだけして生きるってことですよね。
だから好きなことだけして生きる、じゃ足りなくて、他者貢献が必要なのですよね。



例えばゲームにしても、一人でやるんじゃなくて攻略法とか考えたり。
ネットが普及した今でも、未だに攻略本っていうものがあるわけですから。
酒飲むにしても、何かそれで儲ける手段を作らないと勿体無い気がする。

そう、すべては好きなことで儲ける。すなわちマネタイズ。


もちろん好きなことを仕事にすると好きじゃなくなる、っていう声が出てきそうだけど、
それって本当に好きなことじゃないって話も聞く。

絵を描くことが好きなんじゃなくて、自分の思いを表現するのが好きだったり。
色々なものが中に含まれているのですよね。
僕はゲーム好きですが、ゲームが好きというかチマチマする事が好きだったり、
戦略的思考が好きとかそういうものもあるからなあ。

だからそういう視点で自分の好きをもう一度見なおしてみると、
また新しい発見ができるんじゃないですかね。


好きなことだけして生きたいってのは理想ですが、
当然生きていくためにはお金がいる。
お金を稼ぐ事は、どうしても好きな事とは限らない。
そこにギャップが生まれる。
それを埋めるには、好きと仕事をできるだけ近いところに置く。


逆に職種を好きにするんじゃなくて、
もっと抽象的なところから好きを見つければいいのかも。

つまり「絵を描く」とか「プログラム書く」という行動じゃなくて、
「他人が喜んでくれる」「自分が自由でいられる」そんな感じ。
それならもっと、自分の根底から好きな事ができるんじゃないですかね。


ってことを最近のスマホ版FF・DQラッシュをやりながら思いましたw