新しく踏み出した一歩は転んだとしても大きな価値がある

Author:

昔の日記を読み返していて、当時から色々なことやってるなーと思ったり。
イベントにしろ、遊びにしろ、僕はけっこう色々な事にチャレンジしたりするのですよね。
だけど何気にうまくいかない事も多いのです。

自信をもって踏み出したのに、なぜか空回りしていたり。
想像していたものと全然違ったり。

だからもう、最初の一歩はうまくいかない、そう思っちゃったほうが楽なのですよ。
だけど立ち上がってもう一歩踏み出したら今度はうまくいくことだってあります。
なので転ぶことを恐れないほうがいいです。

また、転んだ時は何故転んだかちゃんと考えるようにしましょう。
失敗するのはすごく良いことですが、なぜ失敗したか、次はどうしたら失敗しないかを考えると次の挑戦がより良いものになります。

僕は仕事でプログラムを書いています。
でも新しく始めたプログラムとか、後に見返すとなかなかひどいものだったりして。
当時の自分にはこれが精一杯だったんだよなあ、と笑ってしまう。
でもそんな自分を笑える事が、当時一歩を踏み出した結果なのです。

そして、転んだとしてもその一歩の価値は非常に大きいものです。
この時踏み出した一歩がいろいろな意味を持つでしょう。
あなたが将来雑誌のインタビューを受けた時にネタにできるし。
この失敗があったからこそ今がある、と誇りにできるし。

有名人になった時、始めて書いたプログラムはこんなヘボかった!でいいじゃないですか。
どんどん踏み出しましょう。

有名人の本とか読んでみると分かるように、大抵の有名人は色々と駄目人生を送っていたりするものです。
でもだからこそ輝くことができるのです。

いつかきっとその一歩は力になります。
その一歩はきっと将来宝物になります。

なので一歩を踏み出してみましょう。転んでもいいから。

Facebook にシェア
Pocket