目覚ましのアラームを元気が出る文字にしてみる

Author:
motel-room-1

無意識とか潜在意識ってやつは、何も考えなくても気がついたらやってしまう行動を促します。
子供の頃は覚えないといけなかったもの、例えばお箸の使い方とか。
ピアノとかギターとか楽器をやっている人なら、無意識的に弾いてしまうフレーズとかあるかもしれませんね。
それが無意識です。

だから無意識にインプットをすれば、自然に良い習慣とか夢へ向かう行動ができるようになるのです。

さてこの無意識、どうやってインプットすればいいのか。
瞑想とかもありますが、睡眠に落ちる瞬間、もしくは目覚める瞬間が一番簡単かと。

そんなわけで最近目覚ましのアラームの文言を名言にしてみる試みをしていたり。
目覚ましならちょうど睡眠から覚醒する瞬間に一番最初に見るもの。
半分眠っていて、まだ顕在意識が出てきていない状態。
そこに元気が出る名言をぶちこめば、潜在意識にインプットできるのではないでしょうかね。

これ実際に効果出ているのか分からんけど、理屈としてはこれで正しいはず。
毎日朝っぱらから「勇者様、おはようございます」なんて起こし方されたら勇者と勘違いしそうだし。
「すばらしい朝がやってきた!」なんてアラームで起きれば嫌な朝も少しは楽になるかもしれませんよ。
もちろん「○○がほしい」とかじゃなくて、既に叶っているものをイメージするのは忘れずに。

逆に寝る時に何かするのもありかも。
枕の下に宝船の絵ってのも、潜在意識にアクセスしているような感じでしょうし。
可愛い女の子と夢でまた会おうとか。

とにかくこれは実験ですから、色々試行錯誤は必要だけれど色々試してみよっと。
効果が出たら報告します。

Share on Facebook
Pocket