みんなもがいて戦っている。理想のために。

Author:

人間にとって理想の生活ってのは、
やっぱり「好きなことだけして生きていく」事でしょうか。
でもそれができている人ってほんの少数しかいないのですよね。
周りの人がことごとく壁にぶつかっていくのを見かけたりする。

勢いに任せて独立したものの
結局好きなことで生きて行けていない人やら、
せっかく空き時間ができたと思ったのに
有無をいわさず仕事させられて予定していた作品を公開できなくなる人やら、
仕事が忙しくて予定していた有給さえ使えないという人やら、
やるやる詐欺になっている人やら、
そもそも自分の好きなことすらわかっていない人やら。

自分のやりたいことで生きるという世界をつかむのって
本当にハードな戦いですねえ。



どうしても最近好きなことで生きるとか
その手の本やセミナーが増えているから、こういう人増えるのだけど
成功者と同じやり方で成功するわけ無くて。
自分なりのやり方を見つけて、成功できている人ってほんと少ない。
僕も含め、みんな戦い続けている。

さらにそういう生き方を応援してくれる人も多いけど、
やっぱり敵も多い。
特に組織というのはどうしても味方になりづらいもの。
やりたいことをことごとく阻んでくる。
戦わない人は批判するものですか。

組織に阻まれてやりたいことやれなくて、結局できないじゃないかと批判が来る。
もう負のスパイラルです。


で、組織から抜け出すことを考える。
でもどうやって食っていこう。好きなことじゃお金もらえないし。
独立しようとか考える。
それでも好きなことにおけるマネタイズができなきゃ何も変わらない。
独立したものの、好きじゃないことで我慢して食っていたりしちゃ意味無いし。

貯金をためて組織から抜け出し、貯金がつきるまでひたすら遊ぶのも一つのやり方。
でも歳を取れば取るほど再就職も困難になるし、
年齢にともなって税金なんかもかさみ、収入が支出に追いつけなくなる。
歳を取れば取るほど同じやり方が通用しなくなる。

今度は組織を味方にする事を考えてみる。
もちろん味方になる人もいる。
だけど組織には色々な考えの人がいるものだし、みんながみんな味方になるわけない。
だんだん人間関係が面倒くさいことになっていく。


ほんとどういう道を取っても障害ばっかりですよ。
結局夢を諦めるか、会社員にとどまるにしろ独立にしろ起業にしろ、
好きなことで生きていける道を作り出すしか無い。
やっぱりハードすぎる戦いだ。
諦めて普通の会社員になっていく人が多いのも無理ない。

でも現状の不満を受け入れられないのなら戦いましょう。
いつか望んでいた世界に辿り着くまで戦いましょう。
それを目指す人のために僕のIT技術を使いたい、
いつだって僕はそれを望んでいて、ここ最近ようやく進みはじめたところなのです。

Facebook にシェア
Pocket