劇団エトワール・プラチナ『貝殻落つる街角で』行ってきました

Author:

シャカライザーに出演されていました桜井真紀さんが出演の劇団エトワール・プラチナ『貝殻落つる街角で』を観てきました。
これでシャカライザーチームで会ってないのは平子さんと渡邊さんだけか。

さっそく感想。
自殺した人達がいわゆるあの世のような場所へ行く物語。
ところどころにダンスが入るのですが、これがなかなかカッコいい。音楽いいですね。
ただちょっと物語のテーマと合わないかな、ってのが気になりましたね。

時間も短かったのでけっこうさくっと終わった感じ。
もうちょっとオープニングとエンディングに力を入れたほうがびしっと来るかな、って気がしました。
桜井真紀さんが昏睡状態になって、お医者さんが懸命に処置してるとか、
貝殻を拾うシーンをつけるとか。

歌も入れるのは悪く無いと思いますが、ミュージカルじゃないのでフルコーラスはちょっと長く感じました。
アニメとかのオープニングのように1分30秒で切るとか、もっと短くてもいいかな?
この芝居で伝えたかったのは歌じゃないですからね。

あと、テラの衣装は素敵でした。
身長が低い分、子供っぽい役が合いますね(^^♪

そんなところかな。
まあ心を病んだりするのってけっこう色々な人が経験してたりするし、自分も色々辛いことも多かったです。
でも、だからこそ自分だけとか思い込まないことが大切ですね。
みんな同じなのです。有名人とかも含め。
無理せず自分のペースで生きればいいのですよね。

それではお疲れ様でした!

関連記事

MicAぽと会ってきた

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す