電子書籍の書き方

Author:

電子書籍買ってくれた方ありがとうございます。
今後共精進させていただきます。
さて、もうしばらく電子書籍話を。
今回は電子書籍の書き方について。

KDPはword文書でも出すことができます。
なので、ITにあまり詳しくない人はwordで出しちゃうのがいいでしょう。
ただwordからkindle専用の形式に変換する際、うまくいかないこともまれにあるのでITに詳しい人ならepub形式で出したほうがいいかと。
epub形式ってのはzip圧縮したhtmlファイルです。

epub

ちょっと作り方に手順がいるけど、いったん作っちゃえばあとはファイルを置き換えればいいだけ。
当然htmlやcssの知識が必要ですが。

そのやり方とは、mimetypeってファイルを無圧縮でアーカイブの先頭に置くこと。
なので無圧縮ができるソフトが必要になります。
たとえばExplzhの場合、まず最初にmimetypeってファイルを作り、それを圧縮率0で圧縮。
一度保存してからそれに各種ファイルを追記していけばOKです。


あとepub特有のファイルとかもいくつか必要になるので注意。
これはxmlの知識がいりますが、正直適当な場所からepubファイルをダウンロードして中身を書き換えたほうが早いです。
validateとかけっこう面倒臭いんで。

まあ何で書くかなんて正直どうでもよくて、まずは何を書くかのほうが大切なのですけど。


次回は契約関連の話でも書きますかね。

関連記事

本を書き上げるコツ
電子書籍の契約方法
発売されました

Facebook にシェア
Pocket