君に贈る最後の手紙

Author:

Dear 親愛なる君へ

やあ。久しぶり。

ブログ、消しちゃったんだね。

もう何年も更新してなかったから辞めたのかな、とは思ってたけど。
FeedlyのUnreachable一覧に君のブログが載ってるの見つけてさ。
ちょっと寂しかったな。

もちろんインターネットを15年以上見てきたから、君と同じようにいなくなってしまった人をたくさん見てきた。
ブログに限らず、ホームページとか、SNSとか、色んな場所で。
でも、いつまで経っても慣れないよね、この感覚。

君のブログ、楽しかったよ。
僕には絶対書けないような面白おかしい記事、何度も笑わせてもらった。
でも、もう見ることもできないんだね。
君が見ていた夢、応援してたのにな。

もう諦めちゃったのか、今に満足したのか。
それとも別の場所で新たな一歩を踏み出したのか。
今となってはわからないけど。

たぶん、もう君と会うことも無いだろう。
いつしか君のこと忘れてしまうかもしれない。
そして君も僕のことを忘れてしまうかもしれない。

でも、僕は行かないといけない。
次の世界を見たいから。
まだまだ続く、この先の世界へ行かないといけないから。

君のこと、ちょっと好きだったよ。

バイバイ。

貴方の騎士オガティより

Facebook にシェア
Pocket