村上萌『カスタマイズ・エブリデイ』を読んでみた

Author:

ちゅうもえサロンでお世話になっている村上萌さんの処女作、カスタマイズ・エブリデイ コーヒーは、ダブルトールノンファットエキストラホットラテを読んでみました。
サブタイトル長い!
そしておいらはスタバでカスタマイズしたことないっす。

テーマとしては人生を、毎日を、カスタマイズさせていこうという事。
僕らブロガーも自分の持つブログを少しずつ自分の色に染めていってるし、それと同じことかな。
だからある意味ブログやっている人はみんなカスタマイズが得意なのかも。

あとはゲーマーもこういうの得意な気がする。
レースゲームとかロボットゲームとか、こういうのは個人のカスタマイズが命ですし。

でもブログやゲームをやってない人だって同じ。
目玉焼きに醤油かけるとかソースかけるとか、そういう小さな事でもそれはそれでカスタマイズと言えるでしょう。
何気なく行っている自分だけの行為、それに向きあうとまた人生が面白くなるのかもしれないですね。


すごく写真がたくさん掲載されていて、本と言うより写真集というか雑誌を読んでいる、そんな感覚でした。
ただ、良い文章がたくさんあるのに写真のほうが分量多くてあまり読めないのがちょっぴり残念。
ページ数も100ページ無いし、本としては物足りなさを感じました。
でも雑誌とかとして考えると、なるほどこういう本もありなのかなー、という印象。


文字を読むのが苦手な若い女性なんかにはとても良い本なのではないでしょうか。
逆になんとか理論とかなんとかの法則とか、難しい本が好きな人にはちょっと物足りないかと思います。

Facebook にシェア
Pocket