「今のままでいい」は正しくもあり間違いでもある

Author:

よく、今のままのあなたでいいのです、という励まし方を見かけたりします。
確かにそれは正しくて、他人になろうとか変にカッコつけたりしなくていいと思います。
もちろんそれを踏まえた上でもっと変わりたいと思うのは自由ですけど。

でも、スキルとか知識とか、そういうものになると「今のままでいい」は間違っているのですよね。
もっと上を、って思い続けない限り今のままじゃ駄目なのです。

人間は常に成長する必要があって、20歳には20歳の、30歳には30歳の考え方が求められます。
リーダーにはリーダーの、経営者には経営者のやり方が必要となります。

臨機応変な考え方が必要なところで、今のままでいいなんて言っていたらどうしようもないですよね。
ニートが今のままでいいか、と言われたらイエスとは言い切れませんし、犯罪者が今のままでいいか、と言われてもイエスとは言えませんし。

あくまで今のままでいいのは性格とか個性だけであって、今のままじゃいけない部分もたくさんあるのです。
もちろん僕だって自分の好きな面もあるけど、変えなきゃいけない面もあります。


そんな事言われても、どこを変えてどこを変えないか分からないという人へ。
簡単に言うと「人に影響を与えるもの」は変えないといけません。


あなたが教育者であるなら、時代に合わせて教育方法を変える必要があります。
それは、他人に影響を与えるから。
あなたがリーダーであるなら、部下に合わせて指示方法を変える必要があります。
それは、プロジェクトに影響を与えるから。

逆にあなたが大食いだろうが臆病だろうが、あなた一人にしか影響を与えないものに関しては今のままでいいです。
誰も困らないから。


そういうのを踏まえ、今のままでいいものとこのままじゃいけないものを見なおしてみてはいかがでしょうか。

Facebook にシェア
Pocket