C# DrawImageメモ2

前回のはどれ書いたかわからなくなったんでオーバーロード順に書き直す。

[c-sharp]
// 1. (0, 0)にimgを描画
g.DrawImage(img, new Point(0, 0));
// 2. 平行四辺形を作成して描画
g.DrawImage(img, pt);
// 3. 1のPointF型
g.DrawImage(img, new PointF(10.0F, 10.0F));
// 4. 2のPointF型
g.DrawImage(img, ptF);
// 5. 場所とサイズを指定
g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 50, 50));
// 6. 5のRectangleF型
g.DrawImage(img, new RectangleF(0.0F, 0.0F, 50.0F, 50.0F));
// 7. 3をx, y分解
g.DrawImage(img, 10.0F, 10.0F);
// 8. 1をx, y分解
g.DrawImage(img, 10, 10);
// 9. 2と5の合成
g.DrawImage(img, pt, new Rectangle(0, 0, 50, 50), GraphicsUnit.Pixel);
// 10. 4と6の合成
g.DrawImage(img, ptF, new RectangleF(0.0F, 0.0F, 50.0F, 50.0F), GraphicsUnit.Pixel);
[/c-sharp]

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly