C# DrawImageメモ1

[c-sharp]
Graphics g = pictureBox1.CreateGraphics();
img = Image.FromFile(@"V:\test.jpg");
Point[] pt = {new Point(0, 0), new Point(90, 30), new Point(20, 100)};
// (100, 0)にimgを描画
g.DrawImage(img, new Point(100, 0));
// (0, 0), (90, 30), (20, 100)から平行四辺形を作成して描画
g.DrawImage(img, pt);
// (0, 0)に100×100のサイズでimgを描画
g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 100, 100));
// (100, 0)にimgを描画
g.DrawImage(img, 100, 0);
// (0, 0), (90, 30), (20, 100)から平行四辺形を作成してimgの(0, 0)から(200, 200)までを描画
g.DrawImage(img, pt, new Rectangle(0, 0, 200, 200), GraphicsUnit.Pixel);
[/c-sharp]

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly