まずは、作ることが先決

Author:
pencil-and-paper

プログラミングってのは最適化が重要であることは間違いないです。
最適化とは一元集約。
一度作った設計図とか装置を色々なところで使うってことです。

が、それを気にし始めるとなかなか先へ進まなくなるのですよねえ。
使う側は中身がどうだっていいのですから。

お客さんがホームページのモックアップを見たいと言い出す。
そんな時はhtmlファイルを一つ書いてしまえば終わってしまうのですね。
別ファイルにcss作ってとかフレームワーク構築、なんて冗長すぎる。
お客さんが見たいのは表面的なものだけなので、中身がどうとか関係ない場合も多いのです。

特に個人で中身にこだわるとろくなことが無い。
個人で何かやるってのは非常に飽きたり挫折したりする可能性が高いのです。
僕らブログ界隈でも、書く内容や品質にこだわりすぎて書けないって人がまれにいますが、そういう時はとにかく60点でいいから出せというのが定番のアドバイスだったりします。
だからまずは出すこと。リファクタリングとか細部のこだわりは後でも良い。
ここがポイントです。

んでそれを続けていくと余裕が少しずつ生まれます。
そうなったらだんだん精度や品質を上げていきましょう。

それに意外と自分では低品質だと思っても、周りから見るとすごいって言われることも多いですよ。
自分はそういうのを何度も経験していますから。
過去の作品とか見るとこんなの人前に出したのか、って思うことも多いですがね。それでも人に影響を与えた作品も多い。
実際のところ、Hello, worldさえ書くこともできない人は世の中に大勢いるものです。

Share on Facebook
Pocket