続けよう、と思わなくても続く習慣がある

Author:
track-practice

1月半ばあたりから毎日会社に弁当を持参している。
別に個人的には週1~2くらいでいいと思っているのに、なぜか毎日続いてしまっている。
実際のところ、続けようという意思が無いのに習慣ができてしまったのだ。

こういうのを考えると、ブログを続けようとか早起きを続けようという習慣づくりに疑問符がついてしまうのですよ。

ブログなんかも毎日続けなくてもいいと自分に言い聞かせているし、みなさんもなぜか続けてしまっているものがあるのでは無いでしょうか。
そういう何も意識しなくても、誰に言われなくても続くもの。
それこそが重要なものなのではないか、と思うのですよね。

最初だけ押すのは苦労するかもしれないけど、一度押したら後は力を入れなくても勝手に続いてしまう。
そっちに力を注いだほうが労力は少なくて済みますよね。
個人的には習慣化のセミナーとか行ったり、誰かに毎日これをやりなさいと言われたからやるってのはナンセンスかと。
意識を変えれば習慣も変わるものですから。

今読んでいる「幸せになる勇気」の中で、変われない原因は本当は変わりたくないという文言があったけど、それと同じように続けられない習慣ってのは心のどこかで本当はやりたくないという意識があるんじゃないですかね。
そういうところに目を向けてみるとまた新たなものが見えてくるのではないかと思いますよ。

Share on Facebook
Pocket