オガティ先生のさんすう教室(最大公約数、最小公倍数)

Author:

先日行った渋谷の居酒屋6年4組、また行こうかとか話が出たので
ちょっと算数の復習をしておこう。

まずは前回のテストで思い出すのに苦労した最大公約数、最小公倍数。
みなさん覚えてますか?
オガティさんはだいぶうろ覚えでしたw

公約数とは二つの整数の間で共通して割れる数のことですね。
12と18だったら1,2,3,6が当てはまる。
んで、最大公約数ってのはその中で最大の数。
最小公約数は1に決まっていますからね。

求め方はもう高校生以上なら普通に素因数分解すればいい。
んで共通部分を洗い出せばいい。
こっちは今でも覚えている人多いでしょうか。


問題は最小公倍数。
公倍数ってのは二つの整数の掛け算から出せる値。
自分は、お互いを掛け合わせるんだっけ?と思ってしまって混乱。
48と64の最小公倍数で48×64?
小学生時代にみんなそんな計算したっけ?
なんか違うぞ。

ってことで、16×3と16×4だから16×12で192、と思ったのだがこれが正解だった。
最大公約数×残りすべて、でいいのですね。

正確には
48 = 2 * 2 * 2 * 2 * 3
64 = 2 * 2 * 2 * 2 * 2 * 2
なので、
共通部2 * 2 * 2 * 2 * 残り3 * 2 * 2
が正しいのだけど、結果が合ってればどうでもいいや。(工学部的発想)


しかし小学校の問題とはいえ、たまには振り返らないと忘れますなあ。
高校あたり三角関数なんかも確かに忘れやすいけど。
一番覚えているのはなにげに中学?
ピタゴラスの定理とか連立方程式とか、グラフとか
あとは図形の計算式。ここらへん忘れることないですね。


でも多分社会系問題は半分くらい忘れてそう。
小学校も中学校も高校も。
暗記問題って苦手なのです。
ファンタジーゲームの歴史なら得意なんだけどw

ポケモン計算ゲームとか出てないのかな。
昔あったドンキーコングの算数ゲームとか、
ああいうシリーズはファミコン以後見ていない気も。
もっと出せばいいのになあ。

Facebook にシェア
Pocket