変わりゆく環境に対応していけるか

Author:
enveloppe

先日、自分が借りているレンタルサーバーのPHPが5.3から5.6になるよーとメールが来ていた。
自分はPHPエンジニアであるから両方のバージョンの特徴とかもよく知っているし、戸惑うこともない。
が、何も知らないユーザーは戸惑うんだろうなあと。

やっぱりITを、インフラを、PHPを知らないユーザーはレンタルサーバー+wordpress+PHPなんて危険度が高いんじゃないのかなーと思うのです。

当然ながら僕はPHPのバージョンを上げてバグったとしても対応できる自信はある。
が、知らないユーザーはそこで対応できないでしょ。
PHP5.3と5.4ってけっこう変分あったし。
個人的に5.5と5.6はあまり使う機能が無いから影響少ないけど。

レンタルサーバーの都合とかによってPHPやapache、MySQLのバージョンはどんどん変わっていきます。
それに対してどれがいいか、なんてのを分からないと振り回されるばかりですな。
だから僕は安易にwordpressがおすすめ、なんてあまり言わないようにしているのです。
セキュリティの勉強とかしたこともないユーザーはいざという時対応できないですからね。

最近出たPHP7は5系よりも高速ですが、やっぱりいつ移行するかは個人の責任にかかるし。
こういう時エンジニアは色々検証環境も作れるし、自己責任で色々できるのが強い。

一般ユーザーはどうしてもITに詳しい人の後追いになってしまうので、競争に負けないように知恵を使っていきましょうね。

Share on Facebook
Pocket