僕は心の底から、変わろうとしていなかった

Author:

人間、大きくがらりと変わる人と、なかなか変化しない人がいる。
その違いはどこにあるか。
答えはけっこう単純で、どれだけ変わりたいという思いが、ビジョンが強いかどうかに収束されるんじゃないのかな、と。

自分も将来ああしたい、こうしたいと思って入るものの、それは強烈な欲求じゃなくて。
正直なところ、今のままでもそれなりになんとかやってきたし、これからもやっていけると思っているのです。
それがブレーキをかける。変わりたいという思いに。
つまりリスクとリターンを天秤にかけた時にあまりどちらかに揺れないのですよ。ローリスク、ローリターン。
ある意味慎重で堅実で安定志向。
でもある意味では臆病で怖がりなのです。

たぶんやれば独立して生きれると思う。
周りがそう言うのだから。
でも、まだその気になれなくて。
怖いんだよなあ。

自分の周りにも今現在不満を溜めていたり、仕事がうまく言ってない人が散乱されます。
が、なんだかんだ言って行動力に欠けるのは、どこかに吹っ切れていない自分がいるんだろうな、と。
完全に振り切れた時、人は突拍子もない行動に出ます。
うまくいくとはまったく思えないようなことに挑戦したりします。
年齢とか性別とか関係なく。

それはその人の欲求があまりに強いから。
全てを捨ててでも、手にしたいものがあるから。
心の底から変わろうとしていたからなんでしょうねえ。
そしてそういう人って輝いているし、そういう人ほど成功できる。
たまに見かけますよね。

まあ自分もそんなに大きな変化こそないものの、少しずつ色々なものは動いているし動かしているし。
少しずつでも、去年の自分よりは変化があるから良いと言えば良いのですけど。
もっと劇的に変わりたい、って思う時もやっぱりあるのです。

人生は劇的に変わる人と変わらない人がいるのは、まあ仕方ないことなのかも知れないですね。

Facebook にシェア
Pocket