CentOSのファイアウォールとSELinux設定解除方法

surface Pro2にVMwareのCentOSを入れたらhttpd起動したのにつながらない。
あ、ファイアウォールとSELinuxか。
いい加減このパターン慣れてきたw

ってことで解除方法。
昔もブログに書いたような気がするんだけど、すぐ出てこなかった。

ファイアウォールを止める


/etc/rc.d/init.d/iptables stop
これで止まるけど、次回起動時にまた動いてしまうのでchkconfigもOFFにする。
chkconfig iptables off

CentOS 7の場合


iptablesがfirewalldってのに変わってます。
んでserviceコマンドとかが使えなくなっているので、
systemctl stop firewalld.service
systemctl disable firewalld.service
としましょう。

SELinuxを止める


vi /etc/selinux/config
SELINUX=enforcingとなっているところをSELINUX=disabledにする。
特にネットワークの再起動は不要。
と思ったらsetenforce 0が必要だった。
一度リブートすれば不要だけど。

CentOS 7の場合


こっちは同じでいけます。

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly