時空動画格闘ゲーム進捗状況

Author:

USBコントローラーで操作できるようになったんだけど、とたんにテンションがあがってきた。
やっぱりコントローラーだとワクワク感が違うんだねえ。
何十年も触ってきてるから。
ゲーム、って感じがしてて。

昔から触ってるものだからこそ、懐かしい感じとかが色々生み出されて。
ものづくりもそういう、懐かしさを思いださせるものはヒットにつながるのかも。
しかし懐かしさだけだと新しいイノベーションを生むのかね?
難しいところでもあるか。

時空動画KF製作中

Author:

ある程度できてきたので、動かしながら確認中。
少しずつ面白くなって来ました。
ドット絵はまだまだ頑張らないといけないのですけど。

業務のプログラムと違って、
・コメントとか書式とか、カプセル化とか気にせず自由に作れる
・納期を気にしなくていい
・やらなくてもいいし、何時間頑張ってもいい
ってのはやっぱり魅力ですね。
だから結局のところ、プログラムを書くことはワクワクじゃない、と。
自由に好きにやれるのが楽しくて、そのゲームを作った先にある賞賛、感謝、そういった人からの気持ちがワクワクなんですね。

誰かに認められたい。
人間である以上、それがすべてなのかも。