struts2

Author:

とりあえず最低限のレベルまではたどり着いたのでIT備忘録にまとめました。
基本業務系にしか使うこと無いし、ライスワークとしての価値しかないんだけど。
JAVAはあまり好きじゃない言語です、はい。

しっかし、バージョンによって使い方に差があるくせして
どこのWebもアップデートさせないのは問題ですね。
ネット上の知識は古かったりするから気をつけないと。
そして使い方を載せる場合、定期的に見なおさないと駄目ですね。

windows8ドライバ

Author:

ぐはぁ、プリンタドライバがwin8に対応していないではないか。
来年1月にドライバ公開らしいので、それまでは併用して使いましょう。
面倒くさい。

ま、こういう事を想定して新規インストールしたわけだし、別にいいのですが。
やっぱり最新のOSは色々怖いですね。

windows8インストールしてみた

Author:

windows8を購入してインストールしてみた。
とりあえずwin8/IE10から書いてみる。

ぱっと思ったところはログインがMicrosoftアカウントなのね。
ローカルアカウントに切り替えたほうが今までっぽくていいか。
なんか色々思いついたら追記しよう。
個別ページ作ったほうがいいかも。

C# DrawImageメモ4

Author:

使い道わからないのも多いけどこれでDrawImageはラスト。

  // 21. 19にcallbackData追加
  g.DrawImage(img, pt, new Rectangle(0, 0, 200, 200), GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort, 0);
  // 22. 20にcallbackData追加
  g.DrawImage(img, ptF, new RectangleF(30.0F, 30.0F, 100.0F, 100.0F), GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort, 0);
  // 23. x, y, width, heightを指定して画像の一部分を描画
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10.0F, 10.0F, 70.0F, 70.0F, GraphicsUnit.Pixel);
  // 24. 23のint版
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10, 10, 70, 70, GraphicsUnit.Pixel);
  // 25. 23にimgAttr追加
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10.0F, 10.0F, 70.0F, 70.0F, GraphicsUnit.Pixel, imgAttr);
  // 26. 24にimgAttr追加
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10, 10, 70, 70, GraphicsUnit.Pixel, imgAttr);
  // 27. 25にcallback追加
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10.0F, 10.0F, 70.0F, 70.0F, GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort);
  // 28. 26にcallback追加
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10, 10, 70, 70, GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort);
  // 29. 27にIntPtr追加
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10.0F, 10.0F, 70.0F, 70.0F, GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort, ptr);
  // 30. 28にIntPtr追加
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), 10, 10, 70, 70, GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort, ptr);

Android開発環境インストール

Author:

Eclipse 4.2 Junoでインストールする時のメモ。
JDK、Android SDK、ADT(Eclipseプラグイン)が必要。

JDK、Eclipseが入ってる場合
http://developer.android.com/index.htmlから
Develop→Tool→Download→SDK Tool Onlyをダウンロード。

JDKだけ入ってる場合
ADT Bundle版をダウンロード。

どっちも入ってない場合
PleiadesのJava Full Editionをインストール後Android SDK Tool Onlyをダウンロードか
ADT Bundle版をダウンロード後Eclipseをインストール。

Android SDK Managerから必要なバージョンをインストールしておく。
とりあえず3.X系入れておけばいいと思う。4.X系はまだ入ってないマシンも多いし。

全部インストールが終わったらメニューのヘルプから新規ソフトウェアのインストールを選択。
URLにhttp://dl.google.com/eclipse/plugin/4.2を入れ、ファイルのインストール後再起動。
再起動後Android SDKのパスを入れる。

AVD Managerから必要なAVDを設定すれば完了。
なんだけどなぜかEclipseからAVD Managerが出ない(・・?
おかしいなぁ。

11/25追記
Eclipse メニューの「ウィンドウ」→「パースペクティブのカスタマイズ」を開く。
「コマンド・グループの可用性」タブで 「Android SDK および AVD マネージャー」のチェックを入れればEclipseからAVDマネージャーが起動可能になる。

C# DrawImageメモ3

Author:
  // 11. srcRectangleで切り取ってdstRectangleへ拡大縮小
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 200, 200), new Rectangle(0, 0, 50, 50), GraphicsUnit.Pixel);
  // 12. 11のRectangleF型
  g.DrawImage(img, new RectangleF(0.0F, 0.0F, 200.0F, 200.0F), new RectangleF(0.0F, 0.0F, 50.0F, 50.0F), GraphicsUnit.Pixel);
  // 13. 指定した位置に指定したサイズで
  g.DrawImage(img, 50.0F, 50.0F, 100.0F, 100.0F);
  // 14. 指定した位置に指定したRectangleで切り取って
  g.DrawImage(img, 50.0F, 50.0F, new RectangleF(30.0F, 30.0F, 100.0F, 100.0F), GraphicsUnit.Pixel);
  // 15. 13のInt型
  g.DrawImage(img, 50, 50, 100, 100);
  // 16. 14のInt型
  g.DrawImage(img, 50, 50, new Rectangle(30, 30, 100, 100), GraphicsUnit.Pixel);
  // 17. 9にimgAttrを追加
  g.DrawImage(img, pt, new Rectangle(30, 30, 100, 100), GraphicsUnit.Pixel, imgAttr);
  // 18. 17のFloat型
  g.DrawImage(img, ptF, new RectangleF(30.0F, 30.0F, 100.0F, 100.0F), GraphicsUnit.Pixel, imgAttr);
  // 19. 17にコールバック追加
  g.DrawImage(img, pt, new Rectangle(30, 30, 100, 100), GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort);
  // 20. 18にコールバック追加
  g.DrawImage(img, ptF, new RectangleF(30.0F, 30.0F, 100.0F, 100.0F), GraphicsUnit.Pixel, imgAttr, DrawImageAbort);

C# DrawImageメモ2

Author:

前回のはどれ書いたかわからなくなったんでオーバーロード順に書き直す。

  // 1. (0, 0)にimgを描画
  g.DrawImage(img, new Point(0, 0));
  // 2. 平行四辺形を作成して描画
  g.DrawImage(img, pt);
  // 3. 1のPointF型
  g.DrawImage(img, new PointF(10.0F, 10.0F));
  // 4. 2のPointF型
  g.DrawImage(img, ptF);
  // 5. 場所とサイズを指定
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 50, 50));
  // 6. 5のRectangleF型
  g.DrawImage(img, new RectangleF(0.0F, 0.0F, 50.0F, 50.0F));
  // 7. 3をx, y分解
  g.DrawImage(img, 10.0F, 10.0F);
  // 8. 1をx, y分解
  g.DrawImage(img, 10, 10);
  // 9. 2と5の合成
  g.DrawImage(img, pt, new Rectangle(0, 0, 50, 50), GraphicsUnit.Pixel);
  // 10. 4と6の合成
  g.DrawImage(img, ptF, new RectangleF(0.0F, 0.0F, 50.0F, 50.0F), GraphicsUnit.Pixel);

C# DrawImageメモ1

Author:
  Graphics g = pictureBox1.CreateGraphics();
  img = Image.FromFile(@"V:\test.jpg");
  Point[] pt = {new Point(0, 0), new Point(90, 30), new Point(20, 100)};
  // (100, 0)にimgを描画
  g.DrawImage(img, new Point(100, 0));
  // (0, 0), (90, 30), (20, 100)から平行四辺形を作成して描画
  g.DrawImage(img, pt);
  // (0, 0)に100×100のサイズでimgを描画
  g.DrawImage(img, new Rectangle(0, 0, 100, 100));
  // (100, 0)にimgを描画
  g.DrawImage(img, 100, 0);
  // (0, 0), (90, 30), (20, 100)から平行四辺形を作成してimgの(0, 0)から(200, 200)までを描画
  g.DrawImage(img, pt, new Rectangle(0, 0, 200, 200), GraphicsUnit.Pixel);

C# ImageAttributes

Author:

5×5(実質4×4)の行列で表される。

R’ G’ B’ A’
R R R R
G G G G
B B B B
A A A A

透過させるには00、11、22、44を1に設定、33を透過率にする。
Rだけにするなら11、22を消せばいいのかな?

ColorMatrix matrix = new ColorMatrix(matrixElement);