プラグイン

Author:

2日の1:15とかに投稿しても投稿日が2日じゃなくて1日25:15とかになるプラグインとかないかね。
別に無きゃ無いでいいんだけど、翌日の更新に見えちゃうのがなんか気になって。

てかwordpressのプラグインって本当に数があるんだけど、どれもこれも英語だから取っ付きにくいんですよねえ。
wordpress使う以上仕方ないのかもしれないけど。
何かいい探し方が無いのでしょうか。

Amebloとこっち

Author:

Ameblo側はSNSのようなものだから横の繋がりが大きいけど、
こっちは当然ながらそういうものが一切無し。
しかしこっちは広告もないし、利用規約とかも無いから好き勝手にできる。

結局のところAmebaやってる人多いから、どうしてもあっちは切り捨てることできないんですよねー。
ペタ返しとかで訪問してくる方はAmebaを見るから、あっちも更新したくなるけど
じゃあこっちはどうするか、と。
メインのこっちを放置するわけにもいかん。

とりあえずは転載することにしたのですが、もっといい方法ないかな。

ドラクエ7

Author:

購入して遊んでます。
ちょっと8とかジョーカーと比べると視点が良くないかな。
3D酔いしそう。

そしてマリベルがうざったいしムカつく。
やっぱり7はキャラが好きじゃないんですよねー。主人公ダサいし。
最後の空飛ぶ乗り物もアレだし、隠しボスの神様もギャグキャラだし。
神様といいエッグラチキーラといい、この頃隠しボスはギャグって流行ってたのかな?

まあそれでもやっぱりドラクエですし、それなりにやりこむとは思いますがね。
色々別のことでじっくりプレイ時間取れないけど、のんびりやりましょ。

男と女のSNS

Author:

ここのところちゅうもえサロンへの女性陣の投稿が半端ない。
コメントした投稿に他の人が投稿すると通知が来るようにしているのだが、一日軽く50件はメールが飛んでくる。
女性ってすごい軽く、そして何度も書き込みするんですよねえ。
男性には理解できない。

まあSNS用のアドレスは携帯に通知は来るけどバイブも音も鳴らないので別にいいのですが、
この勢いどこまで続くのやら。永遠かねえ。

WEBマガジン化

Author:

ちょっとこのogatismをウェブマガジンっぽくしてみようかなと検討中。
いくつかに分けているカテゴリーを連載っぽくして。
そうすれば色々なテーマも一つのサイト上でしっかりできるからねえ。

もうちょっとコンテンツが充実してきたらそれを念頭に置いて更新して行きましょうか。
後はデザイン。WORDPRESSはまだまだ色々できそうだし、遊んでみるのもいいかもね。

ただのブログだけで終わらせるには勿体無いですし、活用していきましょう。

年末

Author:

年末ですねえ。
正直自分は年末とか年始とか、あまり気にしてないのですが。
どんな日もすべて年の初めですからね。区切りをちょっと変えればそこが正月。
今年こそは、とか来年こそは、という決意自体が何かおかしい気もしますね。
一日一日を大切にしましょう。正月だけじゃなく、すべてが始まりの日です。

クリスマスイブ

Author:

特に何も変わらない一日になるでしょうねぇ。
今年は、というか今はやるべき事をやる、それしか見えてないですし。
色々と自分の未熟さというかを知って。もっともっと努力したい。
レベルアップしたい。

ってことで今日もドット打ってます。
格ゲーver0.2はもっとレベルアップしますぜ。

32歳になりました

Author:

世界が滅亡とかなんとか言ってたけど、無事にまた一つ年を重ねることができました。
31歳は本当に色々な事があったけど、32歳もまた素敵な出来事に出会えますように。

しっかし、2月に何気なく行ったチョコレート大作戦がここまで色々と大きくなるとは。
あそこで役者勢と絡んでみようかな、って思ったからこれだけたくさんの人と知り合えたわけで。
観劇が趣味になるなんてあり得なかっただろうな。

そして4月の花見。
あれが大きかった。憧れてた時空動画の人達と会って、もっと自分を輝かせたい、彼らを輝かせたいという気持ちが
色々と変化につながって。
HSPならゲームくらい簡単にできるだろう、と思って作った時空動画OF。
今後の人生に大きな変化を与えるくらいのものになっちゃったね。

さあ、32歳は一体何が待っているのでしょうか。
楽しみでいっぱいです。

ワクワク

Author:

どう考えても仕事におけるプログラムにワクワクはないわけで。
どこまで今の職に居続けるものかねえ。

遅かれ早かれプログラマーという世界は出ることになるのだなぁと改めて思う。
時空動画のプログラムならいくらでも書くのに、仕事のプログラムは書きたくないってのはやっぱりプログラマーとして生きるべきじゃないのです。

来年はこのテーマと決着をつける年になるんでしょうね。確実に。