ありのままの自分を認めて受け入れよう

Author:

たまに何かの診断結果で自分の想像外の事が出た時、
それを認められない人がいる。

どんな診断であろうと、そう出た以上そういう素質があるって言うことでしょう。
有名な診断であればあるほど。


さて、先日とある人物がストレングス・ファインダーで慎重さってのが出て
それをすごく気にしているとかなんとかいう話を聞いた。

いいじゃん慎重さ。
そう診断結果に出たのなら、それを認めて受け入れてあげるべきだと思うのだよなあ。
それを活かしたほうが楽に生きられると思うんだけどなあ。

Continue reading…

今日も目標を持って一歩前進

Author:

スマホ仮面の頃から親しくさせている役者の中山孟さんという人がいる。
彼のブログは常に前向きである。


常にテンプレのごとく、「今日も目標を持って一歩前進」と書いているのですが、
(実際テンプレなんだけど)
これってなかなか実際にできることじゃないですよね。
今日は足踏みしちゃったり、逆に後ろ向きに後退してしまう事もある。

それに、毎日目標を見据えることも難しいし。
時として自分の目標は何だったっけ?って忘れてしまうことも多い。

飲ませると面倒くさい男ではあるが(飲ませなくても面倒くさい?)、
この前向きさは見習わないといけないですな。
Continue reading…

忘れ物を減らすには

Author:

タチさんの記事。
自戒を込めて、チェックリストの罠

非常にあるあるですよね。
遠足の前とかチェックリストとかつけたのに、それでも忘れてしまう。
toodledoとかでもやりがちなミス。

改善策として見返すチェックをつけるってのはまあ確かにわかるのだけど。
それでもやっぱり100個チェックを見直す、なんてことしたら何度やっても見落としが出る。
人間なんてそんなものです。

ちょっと忘れ物を減らすにはどうしたらいいか考えてみましょうか。
Continue reading…

持てる道具には限界がある、それ以上拾うには捨てなきゃ駄目

Author:

昔のドラクエやFFは持てる道具に限界がありました。
そのため預かり所とかデブチョコボというものがあったものの、
ダンジョンの中とかだと持ちきれない道具は捨てる、それが当たり前の世界でした。

ゲームボーイの聖剣伝説では「それいじょうよくばってはいけませんぜ」
なんてメッセージがでてきてましたね。
懐かしい。

てかこれ、現実でも同じことが言えますよね。

Continue reading…

平均点で良いという人が残念です

Author:

学生時代、数学が得意だった僕は色々な人に勉強を教えてとお願いされることが多かったのです。
そんな時に、よくどれくらいの点数を目指していると聞いていたのですが
一番多かった答えが「平均点くらい」という答え。

当時、それ聞いてなんか残念だなーと思うことが多かったです。
上を目指すでも無く中途半端な真ん中辺りでとどまろうとする人が、何か寂しかったです。

Continue reading…

一人で独立すると孤独死しかねない

Author:

僕は独立しているわけではないけど、休日も一人篭ってブログのカスタマイズやら
他人のITサポートやら新しいソフトの勉強やらなんだかんだいってやっている事が多いのですが、
これ、一日とかならいいけど何日もとなるとけっこう寂しくなるのですよね。
あまり人といるのが好きではない自分であっても。

ましてや昨今SNSではみんな楽しそうな写真あげているから、余計にそう思うのかも。


フリーランスとかノマドがコワーキングスペースへ行く理由もわかる気がする。
集中するためというか、仲間がいるのを確認するためなのかも。

Continue reading…

「ちょっと息抜きにゲーム」それは大きな命取り

Author:

ogatismGamesogatismTechsってのが少しずつ動き始めて
実質メインブログとは別に他のブログが動いているような状況なのですが、
やっぱりゲームは中毒性がありますねえ。

ちょっと息抜きにやるつもりが、非常に長い時間のめり込んだりしてしまう。
そしてはっと気がつくと、ゲームだけで一日が終わってしまう。

怖い怖い。

Continue reading…