適材適所

Author:

とでもいうのか。
いや、DBの知識不足でちょいミスを犯してしまったのですが。
やっぱりDBはDB屋さんが構築しないとこういうミスしちゃいますね。

まあ、C言語何年やってたとしても知らない分野があったり、
イラスト書ける人はどんな絵でも描けるかといったらそんなこと無いし、
ただ単純に○○屋さんなら大丈夫、ってわけでもないのですが。

やっぱりこの業界、というか今の社会は色々勿体無いなあ。
インターネット上に知識を持っている人は多数いるのに、やり方分からないとか悩んだりするのは。
チャットシステム?オンラインゲームのロビーみたいなところで知識をシェアしあうとか、
そんな事になっていったら面白いだろうなあ。

てか今回のプロジェクト、契約時間はあと90時間くらいしか残ってないのですが。
これ尽きたらどうなるんでしょうかねえ。
時間追加は基本的に受けませんよ。

関連記事

IT業界ってこんなところ
今後のソフトウェア業界

仕事が出来る人の共通点

Author:

自分なりにいろいろな人を見て、この人はできる、この人はできないなというのがなんとなく見えてきたのでまとめてみました。

1.話が簡潔
仕事が出来る人って話がだらだらしなくて、本当に要点だけを伝えるのがうまいなーと思います。逆に仕事ができない人ってのは話が長くて何が言いたいのかが分からないです。

2.作業が早い
仕事の準備も早いし、帰り支度も早い。仕事ができない人ってのはなかなか準備ができなくてみんなを待たせることが非常に多いなって思います。

3.向上心が高い
出来る人は常に上を目指して、自然に優秀な人、有名な人との交流が増えていきます。できない人って週末とか余暇に勉強したり、自分を向上させようとせずにずっと遊び呆けていたりします。

4.汎用性が無い
上記とも繋がりますが、出来る人はやったこと無い仕事でもすぐにポイントを飲み込めます。できない人は過去に仕事でやった知識しか身につけず、仕事で経験したことがないと非常に時間を要してしまいます。

5.思考力が高い
出来る人って色々な角度から物事を考えたりする力がありますね。できない人は一辺倒な考え方しかできず、ひとつのやり方で行き詰まるとそこで終了してしまいます。

6.群れない
仕事が出来る人ってけっこう個人行動が多い気がします。仕事ができない人って集団行動を好む気がします。

こんなところでしょうかねえ。
まだまだ見えてきそうな気もしますが、最近こういう事をよく感じたりします。

関連記事

ソフトウェア開発のスピードを上げる

仕様変更

Author:

今現在現場でcakePHPを使ってるのですが、
突然それをやめて全部静的htmlにするという話が出てきまして。
まさに(゜ロ゜)って感じ。

さすがにそれはないでしょw
まあ確かに20ページ程度だし、使うメリットあまりないけど。

あまりに大胆すぎる話でビックリの月曜日でした。

(追記)
あまりに短すぎるので追記。
お客さんってこういう事多いですよねえ。
なんというか、無駄金を使っているとしか。

やっぱり辞めた、が悪いわけじゃないんだけど色々な人を巻き込んでる、ってのを忘れないようにしましょう。
理由が伴っていないと誰も納得しませんよ。

オブジェクト指向とかコードの最適化とか

Author:

プログラマーとして生きるには、本来オブジェクト指向を意識して書いて
コードも綺麗に最適化を施すべきなんだけど。

それはあくまで仕事であって、プライベートで書くプログラムとしてはとりあえず動けばいいや、と。
綺麗にすることにこだわって進まないとどうしようもない。
とりあえず動いてくれれば、次のバージョンで綺麗に直せばいい。

やっぱり仕事でやるプログラムよりもプライベートでやるプログラムのほうが楽。
プログラム自体は手段に過ぎないし、それは天職じゃない。
適職ではあるのかもしれないけど。
その先にある賞賛、注目、感謝、それこそが自分の求めてるもの。
自分のワクワク。喜びなんです。
それが天職なんですよね。