レスポンシブデザインはディスプレイ解像度が高いとスマホからでもPC用で見えてしまう

Author:

最近個人用に作っていたWebアプリをスマホで見たらPCと同じように見えていた。
あれー?
レスポンシブデザインで作っているからウィンドウのサイズが小さくなると勝手にスタイルシートが切り替わるはずなのに。

調査してみたところ、うちのGalaxyS5はディスプレイサイズがでかいのが原因だった。
横幅767pxと768pxが切り替えの境目にしていたけど、Galaxyのディスプレイサイズは縦向きでも980pxあったのが原因。
閾値を修正したらちゃんとレスポンシブに切り替わった。

てかこれ、iPhone6Plusとかでも同じこと起きるんじゃないの?

Continue reading…

忘れるな!ニコニコポイントは今月いっぱいで失効します!

Author:

ニコニコ動画では有料動画見たり広告出したりするのに
ニコニコポイントってのを使います。

たまに何かの企画とかでポイントをもらえたりするので、
購入しなくても持っていたりするかも。

さてこのニコニコポイントは毎年9月いっぱいで失効してしまうのです。
そんなわけで、失効する前にちゃんと使いましょう。

Continue reading…

新しい機能を勝手にONしないで

Author:

なんかTwitterさんが色々な機能を追加させるとか発表している。
お気に入りしたら自動RTとか、フォローしていない人のツイートをタイムラインに出すとか。

Twitterが「フォロワー以外のツイートをタイムラインに表示」機能を正式発表
ツイッター、「お気に入り」を自動リツイートする機能を追加

いやそれ、けっこう批判来ないですか?
Continue reading…

文章に表れるその人らしさ

Author:

僕ら物書きは、書いた文章にその人らしさが現れる。
同じ日本語なんだけど、間の置き方、単語の選び方など
ものすごく書く人によって差が出る。
その人の性格が現れるのですよね。

だからかなのか、僕のブログとか文章を見た後に会う初対面の人は、
「想像通りの方」と言ってきたりすることがしばしば。
自分らしい文章を書いている証拠なのでしょうね。

Continue reading…

応援したから勝たなきゃ駄目、んなアホな

Author:

どうもワールドカップの日本代表、いい結果が残せなかったから
炎上騒ぎになっているとか。
せっかく応援してやったのに、とか睡眠時間返せ、とか
なんだかわけわからないこと言ってる人までいたり。

ちょっと待ちなさいな、応援に見返りを求めちゃ駄目ですよ。
応援したから勝たなきゃいけない、どういう理屈ですかそれ。

Continue reading…

備えなければ憂いあり

Author:

昨日、RSSリーダーfeedlyのサーバーがDDoS攻撃
(いわゆる不正アタック)によりダウン。
多くのユーザーがお気に入りのブログを見れなくて苦労したようです。
おまけにEvernoteも止まったとか。
こういう事はたまに起こりますよねー。

RSSリーダーだから、サイト本体へいけばアクセスできるし
そこまで大きな影響はないものの、
Evernoteに関しては困った人がたくさんいたのでは。
最近全然使ってないけど。頻繁なアップデートでUIが気に入らなくなってきたし。

もしサーバーが落ちた場合どうするか、
そういう時を常に考えておいたほうがいいかもしれませんな。
Continue reading…

Twitterユーザーはプロフィールを見直しましょう

Author:

以前から言われていたTwitterのプロフィール画面が
ついに全面的に移行になったみたいですね。
そんなわけで一度プロフィール画面見なおしてみましょう。

普通のWebを使っている人ならともかく、
クライアント使用しているとプロフィール画面なんてほぼ開かないですよね。
気が付くと「あ、変わってる」ってことも多いし。

Continue reading…

イケダハヤト氏の会社員ブロガー論争に乗っかってみる

Author:

先日、プロブロガーのイケダハヤトさんが書いたブログ記事に色々な方面から
反響が集まっているようです。

→ 「会社員ブロガー」は客観的に見て「つまらない」

ってことで自分も何か書いてみよう。

Continue reading…

僕らは若者の当たり前を知らないといけない

Author:

リーベルGさんという方が書いているIT小説、罪と罰がここのところすごく考えさせられる展開になっている。

→ Press Enter■

簡単な内容としては会社にやってきたコンサルが大きく会社を変えていく話なのですが、
そのコンサルチームに人生を狂わされた人が現れて、それについてなんとも考えさせられる内容。

Continue reading…