消しても消えないものがあったりする

Author:
022

ブログシステムってのはうっかり公開ボタンを押すと色々なところに拡散してしまう。
自分のブログ内だけじゃなく、プラグインとか入れてたらSNSへ勝手に飛んでいってしまうしpingbackとか飛んだりrssとかに配信されたりしてしまうことがある。
当然ですが、サーバーの外へ飛んでしまったら自分のブログを消そうとも削除できない。
さらに飛んでしまったrssを拾ってしまったら中身まで見られてしまう。

たまにrssリーダーとかテスト投稿とかサンプル記事、とかいうフィードが流れてくることがあるのですよ。
まあだいたい中身は無い事が多いですけど。
すぐに消せば大丈夫、と思っているのでしょうか。
誰にも見つからない、と思っているのでしょうか。

だからついなんか愚痴とか悪口とか書いてしまって、うっかり公開ボタンを押してしまったらさあ大変。
他の人に記事の内容が覗かれてしまい、大きなトラブルにつながる可能性も無くは無いのです。

んで何気に自分が昔作ったサイト、今やサーバーごと消失しているのにアーカイブが残されているみたいだし。
いつまでもいつまでも残り続けてしまうのです。

幸いにしてwordpressはタイトル入力中にエンター押してサブミットされてしまっても、下書き保存になるだけなので大事には至らないのですが。
悪口にかぎらず、予約公開なんかは非常に注意しないといけないですね。
うっかり即時公開してしまったとかありがちですから。

常にそういう失敗が起こる可能性はあると踏まえて執筆活動しましょ。
snsでは実際トラブルの事例が多いのでみんな注意していると思いますが、web媒体扱う方は今一度注意しましょ。

Share on Facebook
Pocket