CakePHP2系のサポート終了は近い

Author:

おそらくPHP屋さんなら携わってきた人も多いであろうCakePHP。
どうやらこいつの2系もいよいよサポート終了の日が近づいてきているようです。
とりあえず情報をまとめてみましょうか。

CakePHP4のリリース

まず、CakePHP4系についての情報が少しずつ出てきているようです。
CakeFestというイベントでもそういう話があったようですし、徐々にRoadmapも更新されてきているようですね。
4.0-Roadmap
CakePHP 3.4 and the Path to 4.0.0
どうやら年末もしくは来年頭ごろリリースっぽいです。

んでCakePHP2系最終バージョンと公式に発言している2.10系が登場しました。
2.10.0-RC1
こいつがLTSとなったら、1年バグ対処と1年半セキュリティ対処の後EOLとなるっぽいです。

次はどこへ行く?

ってことで2019年の今頃には完全にサポート終了となるので、それまでに手を打たないといけないかと。
まあPSR2もPSR4も対応していない2系は現在のweb界隈的には時代遅れっぽいところもあるし、サポート終了を待たずにとっとと違うフレームワークへ移るべきとは思いますが。
まだサポート期間だから、なんてのんびりしていたらこの界隈どうしようもないし。
サポート期間というのは次のフレームワークを学習する期間ですよね。
じゃあどこへ向かう?というのが次の課題。
ま、CakePHP4、symfony、codeIgnitor、Laravelくらいでしょうか。
fuel、zend、yiiは個人的に除く。

CakePHP4

まあそのままCakePHPを使うというのは順当な選択肢。
だけどなんか最近動きが重い気も。
個人的には今後廃れていきそうな気がしています。

symfony

CakePHPと比べると癖が強いですよね。
routing、doctorine、twig等の癖に慣れることができるか。
ちょっと移行コストは高いのではないか、という印象。

codeIgnitor

なにげに馬鹿にできないのがこれ。
昨今はcomposerがあるからそこまでフレームワークのシンプルさを問題にしなくてもいいのです。
フレームワークに足りないのなら持ってくればいいのだから。
むしろフレームワークのせいで、という弊害が無くなるぶん選択肢としてはありかも。

Laravel

人気のララベル。全部入りなのでなんでもこなす。
が、若干機能が豊富すぎて使いこなせないかも?
Lumenもありですが、なんか使い方間違えるとcore i7+16Gメモリでネットとメールしかやりません、みたいな感じになりそう。

取り返しがつかなくなる前に、しっかり勉強と選定をしましょ。

Facebook にシェア
Pocket