ブルーノグリルポットとレコルトポットデュオを比べてみる

Author:

先日、ふと見つけたキッチン家電がありまして。
レコルトポットデュオ フェットっていうやつです。

気に入ったので買ってみたのですが、ちょっとしたものを調理するのになかなかいい感じ。
鍋とか暖かいままで食べられるし、ちょっとだけ焼いてちびちび食べるとかもできる。

こいつですね。

で。
似たような製品にブルーノグリルポットというものがあるのですよ。

これ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BRUNO グリルポット (ブルーノ BOE029 レシピ付き グリル鍋 電気鍋…
価格:12960円(税込、送料無料) (2017/6/25時点)

どっちを買ったら良いのかちょっと考えてみました。

できること

こいつはほぼ同じ。
レコルトは煮る、蒸す、焼く、揚げる、炊く。
ブルーノは煮る、蒸す、焼く、揚げる。

とは言ってもブルーノだってパエリアとか炊く料理できるでしょうし。
できることに違いは無いですね。

サイズ

こいつが大きく違う。
レコルトは1.2L、1~2人用を想定して作られています。幅24cmのコンパクト。
ブルーノは2L、3人以上の家族用を想定して作られています。幅30cm、ちょっとでかい。
ここが買う決め手になるのでは無いでしょうかね。

電力

レコルトは650W、電子レンジよりちょっと多い感じ。
ブルーノは1000W、トースターレベルですね。
その分ちょっとレコルトは温まるの時間かかる印象。

価格

レコルトは約8000円。一つ古い型のエスプリなら6500円程度でも買えます。
対してブルーノは12000円以上。1.5倍の価格です。

その他

レコルトは電源コードが外れない、かつ短いのがちょっと難点。
ブルーノは電源コード外れるっぽいですね。

使ってみて

レコルトを使っていますが、炒め物とかはフライパンのほうがいいですね。こぼれます。
お好み焼きなんかもひっくり返すのはつらいかな。
そういう用途ならブルーノのほうが良さげ。

ただウインナーとか目玉焼き程度をちょっと焼く、だとこっちのほうがいいかも。
おつまみとかも良さげ。
インスタントラーメンとかも全然行けますが、フチが熱くて口をつけられないのがちょい難点でしょうか。
鍋系には非常におすすめですね。匂いが強いものは危険かもしれませんが。

まとめ

一人暮らしとかには全然レコルトで十分でしょうが、結婚考えている人とかはブルーノのほうがいいかな、という印象。
どちらを選んでもそうそう後悔は無いかな、というところです。

Facebook にシェア
Pocket