ブログに日記を書くか、情報を書くか

昨日のjMatsuzakiセミナーでちょっと引っかかったところ。
一般的には日記なんて誰も見ない、情報を書くべきってのがブログ論だったりする。
でも彼は日記を書くべきだ、と気持ちが変わってきたらしい。
そして彼の話を聞く限り、それは確かに一理あるなーと思ったり。



ブログは大きく分けると2種類に分かれます。
日々の日常を書き綴った日記と、情報とかハウツーを書いたもの。
んで、日常ってのは非常に検索にも乗りづらいし、せっかく来た読者に何も残らない。
そういう意味で言うと確かに情報系の記事のほうがいい。

ただし日記はその人のファンですってのを示すわけで、
検索エンジンが無いとしても来てくれる読者がいるってこと。
情報系は検索エンジンが死亡したら誰も見に来なくなる。
だから日記のほうがいい、と。


僕はこれ聞いて思ったのですが、日記ってけっこう広いな、と。
1つは普通の「今日はカレー食べました。美味しかったです」ってやつ。
もう1つは僕のような「今日仕事でこういう事があったけど、これはあーだとかこーだ」とか
日常に自分の意見を付け加えたもの。

そして最後の一つはiPhone発売とかのニュース系。
こういうのも情報っぽいけど、やっぱりその日注目したニュースってのは日記の一部なのですよね。


情報ってのはたぶん、時間軸の影響を非常に受けづらいのですよね。
レシピとか運動方法とか、いつ見ても使える。

んで、情報系のほうが確かに人の役には立つのだけど、
これ誰が書いても似たような感じになりやすい。
さらにその人の感情ってのも反映されにくい。

対して日記はその人の日常であり、その人にしか書けない。
もちろん最初に書いたカレー食べました、とかiPhone出たよ、とかは別として。


だからステレオタイプみたいにブログに日記を書くな、ってのは
ちょっと違うのかもしれない。
日常を描くのだけれども、その人にしか無い情報を付け加える。
それが一番いいブログの形なのかなーと思った。

だから情報系記事を中心にしている人は自分なりの考えを、
日記記事を中心にしている人は自分なりの色をつければ
もっと良いブログになるのかもしれませんね。