【資格支援部】アロマテラピー検定とは

Author:

IT支援部の修正が終わったので次は資格支援部の修正。

アロマテラピー検定はその名の通りアロマテラピーについての知識を身に付ける試験です。

合格率は2級も1級も80~90%と高め。
私は2006年に2級、2008年に1級を取得しました。
アロマを活用するというか、ネタとして活用していますw

試験の流れ

香りテスト2問、4択マークシート48問。
香りテストは1センチくらいの小さなプラスチックの瓶を渡されます。
意外と幅が広く、アロマテラピーの歴史だとか香りに対する脳の働き、それぞれのアロマオイルの効果、何科でどの部位からどういう方法で抽出されるか、アロマの使い方や薬事法医師法など、覚えることがけっこう多いです。
逆に言えば覚えちゃえば誰でも取れる資格です。

出願方法

インターネットから出願できます。
申し込み

対策

もうこの試験は参考書買ってひたすら覚えましょう。香りテストは2問なので捨てちゃうのもひとつの策かと。(私は2級も1級も間違えました)
公式テキストは個人的に内容が薄めかな。買わなくても取れるし、参考書のほうが読み物としても面白いです。

合格後

1級合格+アロマ環境協会への入会+講習の受講を行うことでアロマテラピーアドバイザーと名乗ることができるようになります。

Facebook にシェア
Pocket