持っている本のKindle版を買い直すメリット

Author:

たまにKindleストアを見てみると、すでに家にある本が電子書籍で出ていたりすることがあります。
そういう時、だいたい僕はKindle版を買っちゃうのですよね。
んで、紙の本は処分する。

電子書籍は紙より基本的に安いので、本代は2倍とまではいかないものの、
多少お金は余計にかかるのですが。

こうすることによっていくつかのメリットがあります。

1.家のスペースが広くなる
本が1冊無くなればそこに新しく1冊入れることができます。
3冊無くなれば3冊入れることができます。
本棚のサイズは広くならないのだから、積極的に本の新陣代謝をしましょう。
じゃないと本棚以上の知識が入らなくなります。

2.どこでも読める
電子書籍なのでタブレットとかに入れておけばどこでも見れます。
紙のほうが読みやすいとか、そういう理由もあるでしょうが既に一度読んだ本。
もう一度頭から読み直す事は少ないでしょう。
なので、部分的に読むにはかさばらない電子書籍のほうがベターなのです。

3.再編集されている
電子書籍版は、電子書籍に合わせてレイアウトの再構成がされていたり、
紙の本とは少し内容が違っていたりします。
誤記とかも直っていたり。
そんなわけで、紙の本には無いものもあるのです。

4.傷まない
紙の本は読めば読むほど痛むし、飲み物とかこぼしたりすることもありますが
電子書籍なら10年経っても劣化しません。


ただもちろん、紙じゃないから折ったり鉛筆で書き加える事はできないし
(ハイライトとかそういう機能は電子書籍にもありますが)
所有している、という感覚が薄かったり、
サインとかもらえないとか色々デメリットも有ります。

でもそれを補うだけのメリットもあるかと。
僕はゲームソフトも音楽も極力ダウンロード販売で買って、
そういう膨れ上がるものを無くすようにしています。
それでもまだ我が家にものが多い気もするがw


ってことで、ものが増えてきたら電子版が無いか探してみましょう。
あったら買い直すのも手ですよー。

Facebook にシェア
Pocket