いつか諦めたほうがいい日が来る

Author:

イケダハヤトさんがブログをでかくするのを諦めたとか言ってるぞ。

→ 「イケハヤ書店」を大きくするのは諦めました

けっこう意外。もっと上行けそうな気もしたけど。
何かあったのかな?


まあでも、自分の得意なものでも突き詰めるといつか限界が来るのかもしれませんね。
さらに上、もっと上と望みたくなるけど、ゲームでもレベル50当たりから成長は少ない、
必要な経験値は多いと労力の割に得るものが少ないし。

もちろんレベルはまだまだ上がり続けるので、それを貫くのはいいのですが、
ある程度のレベルまで行ったら別なことを始めるのもいいのかもしれませんね。
イオナズン覚えたらさっさと僧侶になってザオリク目指すとか。
二刀流とか乱れ打ちとか、使いやすいアビリティだけ覚えたらさっさと次行くとか。

どっかで成長諦めて他の事やったほうがいいんだろうなあ。
まあ低レベルで諦めると器用貧乏にしかならないのですけど。
そこら辺の見極めはけっこう大切ですかね。


ブログってどうしても自分の手でアウトプットしていくものだから、
書けば書くほど文章力は上がるかもしれないけど、インプットの質を変えないとどっかで行き詰まる。
しかしそれを変えたとしても限界あるし。

90年台のCDの売上も、多くて100万~200万でしょ。
そこがCD業界の限界ってところだったし、
個人ブログの世界もアクセス数はそこら辺が頭打ちなのですかね。

アクセス数1万と10万じゃ大きく違うけど、100万と110万じゃあまり変わらないように見えるし、
300万とか目指すよりかはアクセスを伸ばすのを諦めて別な事やったほうが効率がいい気がする。


先日立花岳志さんと懇親会で、それぞれのクラスタに所属する人数には限界があるから
ある程度大きくなったら別の分野を開拓するのもいいとかそんな話してたし。

人の好みもどんどん変わるから、固執は逆に自分の成長を阻むかもしれないのですね。

Facebook にシェア
Pocket