やっぱり承認欲求は避けられない

Author:

らふらくさんとこの記事。
なんだかんだブログで認められたいし、すごいって言われたいんです

うわー、すげーわかる。
やっぱり何かを始める時に湧き上がる「チヤホヤされたい」って思い、
その感情は否定出来ないですね。

書きたいものがある、発信したいってのはもちろんあるんだけど、
やっぱり心の片隅には
「すごいって言われたい」
「いろいろな人に見てもらいたい」
「一流になって見返したい」
そういうものがあるわけで。

僕だってこのブログはセルフブランディングの意味が込められていて、
そう思ったきっかけには自分をアピールしたい、
自分の凄さを見せつけたいってのがあったりするわけで。

いわゆる承認欲求、
下心のようなものは多かれ少なかれあるのですよね。


そしてそういう感情を抱く背景には
やっぱり認められない悔しさがあるのです。
悔しさがあるからこそそれをバネにできる。

楽しいから、それだけで続けられる人もいるかもしれないけど、
残念ながら自分はそういう人間じゃない。
楽しいからやる、それをすべてのモチベーションにできる人間じゃない。


それは別に否定するものじゃないです。
書きたいことだけ書いている、そういう人もいるだろうけど、
なぜかそういう人がアクセス解析していたりSNSボタンつけていたり。
誰も見てくれなくていいのならそんなの設定する必要もないっしょ。

だから認めましょう。
みんなもっとブログを読んでほしいのです。
認めてほしいのです。

だから努力するのです。
ブログを止めたら、自分がそこで終わってしまう気がして。


ただそれが全面に出たり、それだけがモチベーションとなると
さらに心が折れる原因になるのですが。
なかなか芽が出る世界でもないし、
何ヶ月も何年もやらないと成功しにくい世界だし。

悔しさと楽しさ、そのバランスが継続の秘訣なのかもしれないですな。
難しいけど、うまく調整できればさらに成長できる気がするし、
色々と自分の感情に向き合ってみるのは悪くないかもね。

Facebook にシェア
Pocket