ありのままの自分を認めて受け入れよう

Author:

たまに何かの診断結果で自分の想像外の事が出た時、
それを認められない人がいる。

どんな診断であろうと、そう出た以上そういう素質があるって言うことでしょう。
有名な診断であればあるほど。


さて、先日とある人物がストレングス・ファインダーで慎重さってのが出て
それをすごく気にしているとかなんとかいう話を聞いた。

いいじゃん慎重さ。
そう診断結果に出たのなら、それを認めて受け入れてあげるべきだと思うのだよなあ。
それを活かしたほうが楽に生きられると思うんだけどなあ。

ストレングス・ファインダーにしろ何にしろ、診断で重要なのは
どれも重要で、大切な素質ってのを理解すること。
どれが良い、どれが悪いってのは無くて
どれもエッジを強くすればその人の最大の武器になれるもの。

そしてどの特徴にしろ、良い点悪い点を持っている。
イメージ的に悪い印象を持たないほうがいいですね。


さらに自分はこういう素質を持ちたいと思っても、
その人により伸びやすいものと伸びにくいものがあって、
伸びにくいものを伸ばそうとするのは大変な労力を要する。

そして近づいたとしても、何か自分らしくないと思ってしまう。
だから出た診断結果に従ったほうが楽に成長できるのです。


慎重さの場合、その名の通り無謀な挑戦はしないです。
もちろん足踏みをしやすくもあるのだけど、その特徴のせいで失敗をしづらい。
僕なんかは確認不足のバグよく出すし。
しっかり色々なものを確認できるから、忘れ物とかも少なくなるんじゃないの?

適当に検索してみたら、大切な人を守る力があるっていうし。
素敵な素質じゃないですか。
否定しちゃもったいないと思いますよ。


それでも変えたいと思うのは自由だけど、
まずは今の自分を受け入れること。
ありのままの自分を受け入れること。

自分は慎重に生きたほうが強みを活かせると、
それを受け入れること。
その上でなりたい自分に少しずつ変えていくのが近道でしょうか。
個人的におすすめはしませんが、試してみてはどうでしょう。

Facebook にシェア
Pocket