Android Bazaar and Conference行ってきました

Author:

本日は日本Androidの会によるAndroid Bazaar and Conference、通称ABCへ行ってきました。
しっかし多摩地区の電車は分かりづらい!

会場で以前の上司にばったり遭遇してびっくりしたw
こんな事もあるんですね。

全部カンファレンスを見ましたが、どれも素敵でしたなあ。
バザールのほうも面白かったです。

#1 株式会社奇兵隊
Androidアプリにおけるデザイナーとエンジニアの連携プレイのコツ。
確かに部品だけ渡されても組み立てがパズルになるし、レイヤーで渡されてもエンジニアが分解するって
何かおかしいですね。
色数が多いとユーザーがどこを押したらいいか分からない、ってのはなるほどなーと。
ユーザーはこの画面に到達する時何を期待しているか?
ユーザーはこの画面に到達する時どういう感情になるか?
ユーザーはこの画面に到達する時何ができるか?
これを意識するのが大切なんですね。忘れないようにします。

#2 クアルコムジャパン
最近スマホ仮面でARがブームなのでここに行きました。
Vuforiaというフレームワーク?SDK?のようなソフトの紹介。
最近ARすごいんですねえ。そして簡単に作れるソフトとかもできているんですねえ。
今後自分も何かARアプリを作ってみたいと思いました。

#3 Lanica, Inc
Titanium Mobileというフレームワークの紹介。
おおこれは素敵かも。
簡単にそれなりのゲームが作れると楽しいですね。
そして昨今はJavaScriptを使ってAndroidやiPhoneアプリを作れるとは。
Unityってのも今度使ってみよーっと。

#4 吉川 徹
jQuery Mobileについて。
あー、こういう知識は覚えておくと便利ですね。
たまにWeb作るときとかもそうだけど、HTML5でAndroidアプリが作れる以上
こういう知識はあればあるほどいい。
この手の講座とかもっと受けてみたほうがいいのかも。

#5 長谷川共久
コンテンツで改善するUIデザインの極意。
この講義面白かった!
Yahooの「友達はいません」「ファンはいません」は確かに文言としてひどいっすなw
余計なお世話だよ、には吹いたwww
コンテンツファーストという考え方はためになりました。
ちょっとこのサイトのテンプレート見なおすかなあ。

#6 アンドロイダー株式会社
アンドロイダーって確かにどっかの雑誌で見たことありましたね。
コンテンツが溢れすぎててもう誰もレビューしきれないってのはニコニコもそうだし、
一つのフィルターとしてこういうのはありかもしれないですね。
そのうち登録してみよう。

バザール側は、BlueToothを活用しててまさにニコニコ技術部状態。
BlueToothやクラウドでデータを受信して、USBからRS232Cにでも繋いでるのかな?
自分でも色々とやってみたいと思う事も多くてインスピレーションが湧いて来ました。

ざっと書いたけど、全体的にすごく良かったです。
想像以上に面白くてまた次回も来たいな、と思いました。

お疲れ様でした!

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す