4ヶ月間を春夏秋冬理論で振り返ってみる

Author:

今年も4ヶ月すぎたわけですが。
さて今年の頭にしっかり勉強した春夏秋冬理論でこの4ヶ月を振り返ってみましょうか。
うまく流れに乗れているのかな?

まず今年の僕は夏1年目。
エネルギーにあふれ、いよいよ急成長していく時期です。

まずは1月。ここはまだ春3年目ですね。
一年で見ると冬2ヶ月目にあたります。

この時期は今年をどうするかというテーマ決めやら色々な勉強に費やした気がする。
新しく何かを始めるって事は特に無かったかな。
「もう一度、ビジョンや必要な物を確認する」
それがこの春夏秋冬理論の勉強だったのかもしれない。


そして次。
2月は冬3ヶ月目。
いよいよ夏に突入したものの、星の動きとか見ても動く時期じゃなかったり。

この時期はベッキーとブログの勉強会をしようという話を以前からしていたのだけど、それが具体的に動き出した時期でした。
それに向けたコンテンツ作りがメインだった気がする。
後は群雛にも出しましたね。
「自分の外の課題にも内面の課題にも、真正面から向きあおう」
確かにここがスタート地点って感じがするな。


3月は春1ヶ月目。
ベッキーと打ち合わせを始めたりして、彼女が目指すサイト作成のモック作成などを始めたり。

東京ライフハック研究会のプレゼン作成もあったから、
なんだか非常にプライベート的に忙しかった気がする。
「定着した活動や関係をしっかり伸ばすようケアしよう」
確かに今後まだまだ東京ライフハックとの関係は伸びていくでしょうねえ。


4月は春2ヶ月目。
一旦落ち着き始めたものの、相談されることが突然増えた。
ベッキーはベッキーで今後のブログについての相談をしてくるし、
それに向けて今後どうしていくかを考えることが多かった。

個人は個人で新しい仕事について考えたり、全般的に悩みが多い月でしたね。
「自分はどうありたいのか、どう進みたいのかを自己探求する」
確かにその通りかもしれないなあ。


そんな感じで今年の1/3を振り返ってみたけど、
なんだかんだ言ってやっぱりこの理論、無視はできないかも。

もちろんある程度こじつけはあるかもしれないけど。

さて、5月は春3ヶ月目。
また破壊と創造が訪れるのかしら。

Facebook にシェア
Pocket