2回目をいつ始めるの?

Author:

先日BCCKSさんから群鄒3月号の印税報告が来ていた。
そういえばもうあれから3ヶ月も経つではないか。
そろそろ次の電子書籍の企画を考えねば。

一度やったきりで満足しちゃいけませんね。

何でもそうだけど、1回やっただけだと、確かにすごいんだけど
それは周囲の後押しがあったとか、たまたまとか色々な理由がつけられる。
でも、2回目を踏み出さないと成長が無かったり。

やったことないと一回やったは確かに違うんだけど、
「一回やった」も一年前に一回とかじゃあまりやったとやってないの差が無い気がする。
そこで何を学んだか、次にどう活かすかしっかり記録していないと
結局2回目も同じ失敗することになるんじゃないかなー。

そしていつしか飲み会のネタになる。
「俺○○した事あるんだー。10年前に1回だけなんだけどねー。」

いやいやそんなの悲しくないか?
なんか昔ワルだった学生が言いそうな台詞だぞそれ。


モチベーションというか、勢いがあれば一回目はできるけど
2回目に踏み出すにはまたそれなりのハードルが必要ですね。

もちろん、一回やってみてこれは違う、と思ったのなら
無理に2回目に踏み出す必要は無いのだけれども。


最初の電子書籍はけっこう楽にかけた。周りの人とか、ソフト紹介とか
色々書くネタがあったから。
でも前回の電子書籍はテーマをブログにしぼって書いたので意外と苦戦。
3500文字くらいまではすんなり行けたんだけどね。

こないだのライトニングトークも周りから見たらかなり成功例っぽいけど、
2回目はどうなるかわからないし。
思い切り失敗する可能性だって十分にある。

そういうの考えると、3回~4回くらいやってようやく
自分なりのやり方を見つけられるのかもしれない。
んで、最初の一回は気合が入っている分成功しやすいのかも。
その1回で満足しちゃそこでストップしちゃうんだろうなあ。


次回も書くなら自己啓発を書きたいけど、
やっぱりマインドとかモチベーションとかそこら辺かな。
7月か8月あたりを目処に参加申し込みしよっと。

Facebook にシェア
Pocket