web開発はwindowsかmacか

web開発においては今まで、というか今もmacを使う人が多い。
まあその気持ちは非常に分かるのだが。
最近は必ずしもそうでもないよなーと思うようになってきた。
そんなMacでの不満点を上げてみよう。

XCode

Macを使う際、何かとXCodeが求められる。
nodeJSをインストールとか、homebrewをインストールする時とか。
なんでnpm installしたいだけなのにXCode入れないといけないのだ、と。
で、最近はdockerを使って環境を作ることが一般的。
じゃあwindowsでもいいじゃんと。
WSLだったらそんなもの不要である。
もちろんLinuxでも不要である。

Dockerの速度

Macだとdockerのマウント速度が遅い。
これはファイルシステムの都合仕方ないんですよね。
色々と対策手段はあるものの、Linuxネイティブのほうが圧倒的に早い。
小細工しないといけない、という点でMacはちょいと残念。

ハードウェア

どうしてもMacBookは熱をもちやすい。
サイズ的に仕方ないのですが。
もちろんwindowsでもノートPCであれば熱を持ってしまうのだけど。
やっぱり熱効率においてデスクトップ(winおよびMacMini、iMac)にはどうあがいても勝てないのです。

ショートカット

個人的にはすごくここが気になるところ。
deleteキーとかHomeキーとかが指一本で押せないのもともかく、最近はfunctionキーとかも押しづらくなった。
cmdキーとかもデフォルトの位置だと押しづらくない?
自分は基本capsの位置にcmdキーを置いているけど、cmdをそのままの位置で置くのは個人的に無しである。

まとめ

とまあつらつら書いてみましたが、個人的にはMacが最適解とはどうしても思えない。
WSL2も出るし、windowsでも十分開発はできるなあという印象です。
もちろんwindowsも最適とは言い難い点多いけどね。