【オガティの星占い】来週の運勢(11/23~11/29)「闇を抜けたその先」

なんか昨日とかやけに暑くなかった?北海道は積雪の時期だってのに、関東は扇風機を回そうかと考えてしまう気温だったよね。温暖化というか、地域による寒暖差が激しいよなというのを今年はよく感じる。

そんなわけで来週の運勢です。

ホロスコープ

全体的な星の動き

太陽は射手座に入ります。月は満月ちょっと手前まで。金星も蠍座へ。だいぶ空気が変わってきた感じを受けそうです。

スターティングオーバー

太陽が射手座に入ったことで、だいぶ視野が未来へ向かいそうですよね。ちょっと蠍座要素が強くなると深くて重くてしんどくなりがちなのですが、射手座へ移行することによって重荷から解放されたような感じになるかと。闇を抜けた、そんな感じ。

まだ水星が蠍座に残っているのでしんどさもありますが、何かが終わって何かが始まる、そんなことを考えやすくなる時期なのかなーって思います。

12月に入るとおそらく色々な変化が起こるでしょう。コロナウィルス周りでまた法案とかそういうのが出てくるのはまあ揺るぎないでしょうが、その影で動き出しているものにも意識を払ったほうが良さそうですね。

追求は、もっと深いところまで

で、金星は蠍座へ入っていきます。

蠍座金星はなぁ。。占星術の教科書的な言い方すると何かに深くのめり込むような感じ、なのですが。要はオタク的なマニア的な、どっぷりと趣味にハマりやすい時期なのです。

散財傾向は出ていないものの、山羊座の天体とアスペクト持っているから変なこだわり強くなりそうですね。何かの買い占め的なものが発生してもおかしくなさそう。だけどなぜこれ?というような謎の買い占めとか。

何にしろ、この時期正統派なメディア作品よりマニア向けな作品を見たほうがハマりやすそうです。

次の時代はこんな時代

先週に引き続き12月後半から始まる土星水瓶座時代をもう少し、毎週少しずつ書いていこう。

前回の土星水瓶座時代は1991年2月~1993年5月あたりまで。
この時代に何が起こったかというと、イラクと多国籍軍が湾岸戦争起こして、ソビエトは崩壊して、ヨーロッパではEUが誕生して、ユーゴスラビアの紛争があって、日本ではバブル崩壊。
こんな時期だったわけなのです。

個人的には成熟したその先、というのは一つのキーワードかと。組織が大きくなってきたからルールを決め直す、とか。時代に合わせて新しいシステムを導入するとか。分社、独立、合併などなども。

そういうのもあって、twitterやYouTube、メルカリあたりの規制は厳しくなっていく可能性をすごく感じるのです。今稼げる業態が来年になったらさっぱり、なんてことも普通にありそうですね。

まとめ

また一つ次のフェーズへ向かったような感じ。システムオールグリーンまであと一ヶ月、って言ったところでしょうか。

星座ごとに一言

牡羊座:中ボスをやっつけた、そんな時期になるかも。
牡牛座:色々なものを受け入れることが大事です。
双子座:一人でいるのはあまり良くないかな。
蟹座 :自分のココロのモヤを見つめる時。
獅子座:好きなものに突進してくような時期。
乙女座:自分の生活習慣なんかにフォーカスを当てるといいのかな。
天秤座:色々と新しいことを学ぶことが大事ですね。
蠍座 :他者との違い、他社との違い、そのあたり大事。
射手座:安定してきそうな感じ。未来に目を向けて。
山羊座:変化を意識したほうが良い時期です。
水瓶座:ふと思い立ったことは大切にしてください。
魚座 :今後のビジョンをしっかり描いていきましょう。

来週はそんな感じです。

2020年の運勢

一覧に戻る

個別鑑定依頼受付中!

占星術ソフト「microcosm」公式サイト