【連載】Trelloで使うmarkdown

Trelloのdescriptionにはマークダウン記法が使えます。
マークダウン記法とは、ハイフンとかでリストを作ったりできる記号。
HTMLよりも簡単に使えます。
というわけで使い方をまとめてみました。



太字


**aaa**というように**で囲むと太字になります。

イタリック


*aaa*というように*で囲むとイタリック(斜体)になります。

リスト


-(ハイフン)を先頭につけるとリストになります。

数字つきリスト


1. xxxというような形で書くと数字付きリストになります。

リンク


[文字列](リンク先)という書き方をすると(リンク先)のテキストが消え、文字列をクリックするとリンク先へ移動します。

画像の埋め込み


![文字列](画像URL)という書き方をすると画像が埋め込まれます。

コードブロック


```で囲むとコードとしてみなされます。

インラインコード


`で囲むとその部分だけコードとしてみなされます。

取り消し線


~~で囲むと取り消し線が入ります。

引用


> を先頭につけると引用文になります。

見出し


# でくくるとh1に、##でくくるとh2に、###でくくるとh3になります。
====を文字の下の行に入れるとh1になり、----を文字の下の行に入れるとh2になります。

ライン


---を入れるとラインが挿入されます。

ToDoも管理もまとめもできる万能ソフト「Trello」に惚れた

【まとめ】Trelloを使いこなそう!
【連載】Trelloを使いこなそう・用語とか
【連載】Trelloを使いこなそう・カードの追加

Trelloの新規ユーザー登録はこちらから