Laravelのディレクトリ構造はこんな感じ

Laravelをとりあえずインストールしてみると、app配下にModelもViewもControllerも無いのでびっくりするかも。
それぞれこんな感じに作成するようです。

app/Http/Controllers/


ここに通常のコントローラーをいれます。

app/


デフォルトでUser.phpが入っているように、Modelはディレクトリ掘らないで直下に置きます。

resource/views


Viewファイルはここに置きます。

resources/assets/


ここにlessとかcoffeescriptとかビルド前のファイルを置いておくと自動的にElixirがpublic/cssやpublic/jsへコピーしてくれます。

app/Http/


Laravelで重要なroutes.phpはここにあります。

config/database.php


DB設定はここです。

config/app.php


メイン設定はここにあります。

ディレクトリ構造がずいぶんと違うので注意しましょうね。

Laravelの使い方とかのまとめ