iPadシリーズがわけわからなくなってきたのでまとめてみる

iPadってminiとかAirとかRetinaとか色々名前がついていてわけわからなくなってきた。
SumsungさんのGalaxyシリーズみたいだ。
あれもGalaxyS、GalaxyNote、GalaxyTabとか色々あるし。
GalaxyS3αとかGalaxyS4Activeとかバリエーションモデルもあるし。

ちょっとまとめてみようか。


まず初代iPadが2010年5月に発売。
この頃はまだ知名度も低いし性能も低かったらしいですね。
んで、その一年後2011年4月にiPad2と呼ばれる製品が誕生。
これ僕も持っている。まだ少し重かったし、持ち歩くには不便だったかな。

そしてさらに一年後の2012年3月にiPadが発売。
これiPad3と公式に呼ばれなくて、第三世代iPadとか言われていたのですよね。
だんだんここらへんからわからなくなってくる。

んで、一年も経たずして2012年10月にiPad Retinaモデルってのが出る。
これもiPad4とは呼ばれない。
一年経たずに買い換える人はいないよなあ。

そして一ヶ月後、2012年11月。
iPad miniが登場。
小型化したiPadで、けっこう使いやすいという意見も聞こえたような。


3つのモデルが出た2012年が終わり、2013年に入る。
iPadシリーズはここで終わりをつげ、新たにiPad Airが発売。
iPad5にしなかったせいでもう興味ない人には名称が混乱。

そしてiPad miniも進化してiPad mini2へ。
一年ごとに買い換えるヘビーユーザーはどれだけいるのだろうか。
確かに性能は毎年上がっているのだけれど。


んでもって今年2014年、iPad Air2とiPad mini3が登場と。
ようやく流れは分かったものの、5年間で9種類のタブレットを出すとは。
個人的には作りすぎという気もするのだけれどねえ。

いつしか突然売れなくなりそうで怖い。
Appleバブル崩壊とか。