Laravel Elixirでcoffeescriptやless、sassもついでに学ぼう

LaravelにはElixirというツールが付属している。
gulpをベースとしたツールで、これ一つでcoffeescriptやless、sassのコンパイル、おまけにphpunitなんかも実行できてしまう。
だいぶ便利ですね。
jsやcssはそのまま書くという人もいるでしょうし、僕も基本的にはそのまま書いてしまうのだけれど、せっかくあるのだからcoffee/less/sassを使えるようにしたほうがいいですな。

gruntかgulpかどっちがいいか、という話は色々出ているけど、やっぱりこういうツールがある以上gulpに軍配があがるのか。

もちろん中身はgulpなので、node.jsやnpm、gulpをインストールしないといけないですけど。
しかし書くのが非常に簡単である。
[javascript]
elixir(function(mix) {
mix.sass('app.scss');
mix.coffee('app.coffee');
});
[/javascript]

これだけでresource/assets/coffeeとかresource/assets/sassのファイルをコンパイルしてpublic/jsやpublic/cssに配置してくれる。
普通にgulpで書くなら
[javascript]
gulp.task("coffee", function() {
gulp.src("build/js/**/*coffee")
.pipe(coffee())
.pipe(gulp.dest("dest/js"));
});
[/javascript]

こうなるのに、圧倒的な記述量の少なさにびっくりだ。

というわけで、そのまま書くかビルドするかは人それぞれだけど、Laravel使うならせっかくツールがあるのだしcoffeeとか使っていくのをお勧めしまっせ。
しかし個人的にLaravelは名前の響きが良いから好きなフレームワークなのですが、ララベルエリクサー(エリクシール?)、いいですねw

Laravelの使い方とかのまとめ