オーストラマコンドー『さらば箱舟』見てきました

Author:

以前から交流のある女優の長田涼子さんからFacebookやらツイッターやらで頻繁に今度出る舞台のお誘いを受けていまして。
同じく交流のあるでく田とも美さんもでるし、オーストラマコンドーは以前も行ったことあるしって訳で本日見に行ってきました。

しかし雪の中行くのはハードでしたねえ。
途中井の頭線がポイント故障になって立ち往生するし、もはや横断歩道がどこだか分からない状態になってるし。
やっぱり行くの辞めようかどうか迷ってしまいましたよ。

さて感想。
なんというかとんでもなかった。
出演者は80人以上、それがみんなで踊る叫ぶ。

いつだか行った「好き好き大好き超愛してる」もけっこう人でてたし、
オーストラ・マコンドーの舞台は大人数がベースなのかなあ。


ただアクションとか演出はすごかったのですが、ストーリーがなんだかいまいち分かりづらかったかも。
幽霊がどうとか時計がどうとか、なんか視聴者置いてけぼりで話を進めているようで残念だったかな。
登場人物も多すぎて誰が誰だか分からなくなるし、脇役が多すぎた気も。

で、結局ストーリーってのは100年前の吉祥寺を描いた話、で良かったのかな。
だから吉祥寺シアターをチョイスしたのかね?

あとやっぱり2時間20分ってちょい長めだったかもしれないですねえ。
途中少しだれてしまった。


しかし終盤のヒロインのアレはびっくりしましたねえ。
よくあんな事OK出したなあ。
年齢層的に大丈夫だったのか?18歳未満の人いなかったのか?

まあ全体的に見て気になるところはあったけど、すごいインパクトのある作品でした。
殺陣とかそういうアクションじゃなくて要は組体操のようなものなのですけど、
そういうの興味ある人は行ってみてもいいかもしれませんね。


お疲れ様でした。

Share on Facebook
Pocket